エンゼルス・大谷 2試合連続でスタメン外れる マドン監督「乗り越えていくしかない」

[ 2020年9月15日 02:30 ]

インターリーグ   エンゼルス5―3ロッキーズ ( 2020年9月13日    デンバー )

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 打率・189と不振のエンゼルスの大谷が、2試合連続でスタメンを外れた。ジョー・マドン監督は好調の左打者ウォルシュを一塁、プホルスをDHに起用。プホルスは8回にウィリー・メイズに並ぶ歴代5位の通算660号となる逆転2ランを放ち「夢のようだ。信じられない」と話した。

 今月5度目のベンチスタートとなった大谷に関して、指揮官は「今季は他にも優れた選手が打撃で同じようなトラウマを経験している。乗り越えていくしかない」と述べた。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース