中日・大野雄 開幕戦以来となる今季最短4回4失点で降板「申し訳ないです」

[ 2020年9月15日 19:35 ]

セ・リーグ   中日―広島 ( 2020年9月15日    マツダ )

<広・中>1回無死二、三塁、鈴木誠に3点本塁打を打たれた大野雄(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日の先発・大野雄は今季最短タイとなる4回4失点で降板。

 初回に鈴木誠の3ランを含む4連打で4失点。それでも2回以降は立ち直りを見せ無安打に封じていたが、5回2死一塁で代打を送られた。

 4回での降板は開幕戦となった6月19日のヤクルト戦以来。74球は今季最少。

 2週間前の今月1日の広島戦(ナゴヤドーム)は相手打線をわずか2安打に封じ、完封勝利を挙げたが、リベンジを食らってしまった。

 ▼中日・大野雄 9連戦の頭を任されているピッチャーが、初回4失点して、早い回で降りてしまい申し訳ないです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース