ロッテ・安田 また適時打!3回初球打ちで先制点叩き出す

[ 2020年9月15日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5―0オリックス ( 2020年9月14日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>3回裏1死ニ、三塁から安田は右線に2点タイムリー(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの安田が初球打ちで、先制点を叩き出した。3回1死二、三塁で左腕アルバースのスライダーを捉えた。打球は一塁線を抜く先制2点二塁打。「二木さんがテンポよく投げていたので、何とか先制点を取れるようにと思った」と胸を張った。前日に3本の適時打で4打点を挙げ浮上のきっかけをつかみ、8月21日以来の2試合連続打点につなげた。

 チームは先取点を奪うと22連勝。藤岡、中村奨、清田のソロ3発もあり、苦手のアルバースを攻略。井口監督は「打線も5点を取ってくれたので、ブルペン陣を休ませることができた」とご機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース