中日 3発で追い上げも9連戦初戦落とす 大野雄は6連続完投でストップ、5敗目

[ 2020年9月15日 21:06 ]

セ・リーグ   中日3―6広島 ( 2020年9月15日    マツダ )

<広・中>選手交代を告げにベンチを出る与田監督(中央)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日は追い上げも及ばず、9連戦初戦を落とした。

 先発・大野雄が初回に鈴木誠の3ランなどで4失点。それでも5回以降、救援陣が無失点で粘ると、打線が6回から反撃に出た。

 アルモンテのソロを皮切りに7回には高橋、京田もソロアーチを放ち、ついに1点差まで迫った。

 だが、8回に5番手・又吉が堂林に適時二塁打を浴び2失点。リードを広げられると、打線にひっくり返す力は残っておらず、黒星を喫した。

 大野雄は連続完投が6試合で止まり、5敗目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース