ソフトバンク・千賀 好相性の札幌Dで「いい流れをつくりたい」

[ 2020年9月15日 05:30 ]

キャッチボールで調整する千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの千賀が、好相性の札幌ドームから完全復調を目指す。

 同球場ではデビューから9戦で7勝無敗。「あそこのマウンドは凄く高いので投げやすい。先発として、いい流れをつくりたい」。15日の先発に備えてペイペイドームで調整した右腕は8日の楽天戦で今季最長の8回を投げて無失点、13奪三振で6勝目。調整を見守った工藤監督は「直球が低めにいけば、いつも前回のような投球ができる投手」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース