西武・スパンジェンバーグ、8回逆転2ラン!「ストライクゾーンの球は積極的に振ろうと」

[ 2020年9月15日 21:01 ]

パ・リーグ   西武4―3ロッテ ( 2020年9月15日    メットライフD )

笑顔でガッツポーズするスパンジェンバーグ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は2―3とリードされて迎えた8回にスパンジェンバーグの逆転11号2ランで試合をひっくり返して、2連勝を飾った。

 スパンジェンバーグは試合後「相手の石川投手が好投を続けていた中で8回にチームメートがつないでチャンスを作ってくれたので、ストライクゾーンの球は積極的に振ろうと思って打席に立ちました」と感謝しながら逆転弾の場面を振り返った。

 3試合ぶりの出場となりコンディション面について聞かれると「3日間お休みをいただいて今は本当にコンディションが良い状態です。残りのシーズンも問題なくプレー出来ればと思っていました」と話した。

 チームは2連勝を飾った。「ベンチにいる選手も含めて試合に入ると良い雰囲気を作ってくれるので、素晴らしい雰囲気の中でプレーが出来ていると思います」と語り、最後に「いつも応援をありがとうございます。皆さんの存在が無ければ自分たちもいつも通りのプレーが出来ません。なのでこれからも熱い声援をよろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース