阪神「ファンが選ぶ月間MVP」8月はサンズ 月間リーグトップタイ6本塁打&12球団1位の得点圏打率

[ 2020年9月15日 05:30 ]

阪神のサンズ
Photo By スポニチ

 SNSとの連動企画「ファンが選ぶ月間MVP」の投票をTwitter上で実施し、ジェリー・サンズ外野手(32)が最多3558票を集めて8月度のMVPをつかんだ。月間リーグトップタイだった6本塁打の長打力と、得点圏打率12球団1位の勝負強さで、虎党からの支持を集めた。9月に入ってさらに調子を上げているS砲が、打倒巨人の鍵を握る。(取材・構成 遠藤 礼、巻木 周平、長谷川、凡記、阪井 日向)

 4選手に5492票が集まった中、サンズが獲得したのは6割超えの3558票だった。月間打率は・261でも、得点圏打率・478とここぞの勝負強さが光った“得点圏の鬼”。虎党からは称賛の声が相次いだ。

 届いたファンの声を一部紹介する。『SHOTA』さんは「リーグトップの得点圏打率を、1年目で達成しているのがすごい」とその対応力に感服。『ルーニートゥーンだーまつ』さんは「点が欲しいときに打ってくれるイメージがあるので、印象に残りやすい」と目に焼き付いた光景を思い返した。『のぶりん♪』さんは「得点圏打率の高さを見て分かるように、阪神の勝利は彼が打ってこそ」と大絶賛だ。

 ファンに愛されている要因は打撃だけではない。『パピ』さんは「チームの一員として全力プレーで盛り上げてくれている姿がファンとして、とてもうれしい。守備や走塁にもかなり愛着湧いてきました笑」と心打たれた様子。『hiroko0730』さんは「ハッピーハンズは見てて楽しい。家で観戦してても、思わず家族でやっちゃいます」とおなじみのパフォーマンスを、一家で楽しんでいるようだ。

 20日の巨人戦からは4番としてチームをけん引してきたが、その勢いは9月に入ってなお加速している。現在自己最長となる7試合連続安打中。9月の月間打率はリーグ3位の・405で、本塁打は既に8月に並ぶ6本を放ちリーグトップだ。

 きょう15日に激突する菅野撃ちにも、期待が高まる。4日の甲子園での対戦では、左中間への2ランを浴びせるなど通算で6打数2安打1四球。データの上で、苦手意識を感じることはない。負ければ自力優勝が消滅する厳しい状況。だからこそ、最も頼りになる“S砲”の一打から活路を見い出したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース