中日が高校球児支援のオークション 収益は東海地区代替大会の運営資金に

[ 2020年6月8日 19:28 ]

中日の京田
Photo By スポニチ

 中日は夏の甲子園中止を受け、東海地区で開催される代替大会を支援するため「高校球児支援チャリティーオークション」を始めた。

 オークションサイト「ヤフオク!」に選手のグッズなどを出品。収益金を愛知、岐阜、静岡、三重の各高野連に寄付し、代替大会の運営資金に充ててもらう。

 チームは新型コロナウイルスの対策にあたる医療従事者らを支援する「おうちでチャリティ!」を5月に実施。根尾のサイン入りユニホームが60万超の高値で落札されるなど、収益金400万円をすでに関係団体に寄付している。

 選手会長の京田は「夢が絶たれてしまった高校球児の皆さんは、言葉にできないくらいの悔しさと残念な気持ちでいっぱいだと思います。皆さんが笑顔を取り戻すには時間がかかることとは思いますが、夏の代替大会が開催されることを機に、一つでも多く思い出に残してもらい、チームメートと一緒に大切な時間を過ごしてもらいたく大会への支援を申し入れました。心から高校球児の皆さんにエールを送りたいです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース