中日・アルモンテ 3安打で「開幕左翼」へ前進 今季初の外野に「守備に就けたのは良かった」

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   中日1―11西武 ( 2020年6月7日    メットライフD )

<西・中>2回無死、右前打を放つアルモンテ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 中日・アルモンテが3安打で「開幕左翼」へ前進した。6日に死球を受けたビシエドに代わって4番に座り、2、4回に右前打。下手投げの与座の変則的なフォームに他の打者が苦しむ中、対応力の高さを見せた。8回にもギャレットから左前打と広角に打ち分け、「打てたのは神様のおかげ」と喜んだ。

 1月に右太腿を痛めた影響でDH限定で出場を続けてきた中、初めて左翼を守った。2回には栗山の打球を取り損ねて(記録は左越え二塁打)、「足を引っ張ってしまった」と反省しつつ「体に問題なく、守備に就けたのは良かった」と振り返った。左翼は福田、シエラらライバルがひしめく激戦区でも、開幕スタメンを譲るつもりはない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース