助っ人7人、どれもええねん! 阪神・矢野監督、外国人枠に悩む「決めきれないんで、最後まで考える」

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   阪神2-1ソフトバンク ( 2020年6月7日    甲子園 )

<練習試合 神・ソ> 7回、選手交代を告げる矢野監督(右) 撮影・平嶋 理子)                                                           
Photo By スポニチ

 阪神の矢野監督がガルシアの快投でますます選択が難しくなった「外国人枠問題」にうれしい悲鳴を上げた。

 「いやちょっと(決断)できないですね。なかなか誰をどう使うかというのは。みんな使いたいんでね。使えるだけの戦力なんで、誰をどう使うかというのは開幕前に。もちろん頭の中にいろんな考えはありますけど、決めきれないんで、最後まで考えます」

 調子を落としていたガンケルが3日の広島戦で4回2安打無失点の力投。中継ぎ専念が決まったスアレスも圧倒的な投球を続けており、エドワーズとの「ダブル助っ人セットアッパー」の可能性も十分にあり得る。野手に目を向ければ、春先は長打が出なかったボーアが2日広島戦から3試合連発。マルテは攻守に元気いっぱいで、唯一調子が上がっていなかったサンズも6日のソフトバンク戦の3回に中越え決勝弾を放った。

 今季は特別措置として外国人枠が1増の5人となる可能性もある一方、従来通りなら中継ぎを2人にした場合は残り2枠。6日までの5試合で起用した「外国人クリーンアップ」はおろか、ガンケルやガルシアが先発する場合は野手2人の登録を外す必要がある。投打ともに粒ぞろいの助っ人勢の起用法に、指揮官の手腕が問われることになりそうだ。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース