広島・ピレラ 難敵由伸から2点タイムリー 球団史上初の助っ人「開幕1番」浮上

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   広島3―6オリックス ( 2020年6月7日    京セラD )

<オ・広>5回2死二塁、ピレラは右中間に適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島のホセ・ピレラ外野手(30)に開幕1番の可能性が浮上した。7日のオリックスとの練習試合にリードオフマンとして2試合連続出場。5回に難敵・山本から右中間突破の2点二塁打を放ち、可能性を探る首脳陣をうならせた。実現すれば、球団初期の日系人選手を除く助っ人で初。一塁守備の練習も始めた。

 昨季のパ・リーグ最優秀防御率に輝く山本の151キロ外角直球を鋭く振り抜いた。4点を追う5回に1点を返し、なおも2死二、三塁の好機。2ボールから、ピレラが放った打球は敵地の右中間を深々と割った。1点差に迫る2点二塁打だ。

 「走者を還すことを最優先に考えた。バッティングカウントだったので、ストライクゾーンの中の自分が打てるボールを狙った」

 リードオフマンとして2試合連続で先発。前日6日は、初回の先頭打者で左腕・田嶋から中前打を放ってチャンスメークした。「1番打者はマイナーで何度も経験があるし、メジャーでも打ったことがある」と言うだけあって手慣れたものだ。

 佐々岡監督は言う。「打撃コーチが“面白いのでは”と。状態がいいし、脚もあるからね。いろいろ試しながら」。助っ人の開幕1番は54、55年に銭村健四、57年~60年には平山智が務めているが、2人の日系米国人選手を除けば球団初だ。

 試合前の練習では、メヒアにファーストミットを借りて一塁でノックを初めて受けた。攻撃の幅を広げるオプション。指揮官は「メヒアの状態を考えれば外せない。守備に不安はあるけど、2人を使うためにはいろいろ準備しておかないと」と意図を説明する。

 「もちろん、ポジションによって守る感覚は変わるけど、私は自分のチームの指示を最優先に考える」

 殊勝なピレラ。外国人枠を争うメヒアは記録こそ1安打ながら、鋭い打球を連発、鈴木誠の後の5番を任されそうな勢いだ。そこで浮上する新助っ人の開幕1番。DeNAの開幕投手は左腕・今永だけに可能性は十分ある。

 「今は1打席1打席修正しながら臨んでいる。今日はうまくアジャストできたと思う」

 敵地で迎える6・19開幕戦。スコアボードの1番に名前を刻むのは果たして…注目だ。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース