オリックスの開幕ダッシュ計画見えた! 楽天戦に二枚看板の山岡&由伸を一気投入

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   オリックス6―3広島 ( 2020年6月7日    京セラD )

<オ・広>先発登板し、6回途中3失点となった山本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックス・山本が日曜日の実戦調整に回り、開幕投手に内定している山岡とともに楽天との開幕カードに回ることが濃厚になった。2回45球で1安打無失点だった2日のソフトバンク戦から“異例”とも言える中4日での登板。開幕まで残る登板機会が1試合ということも踏まえれば、21日の開幕第3戦に合わせたと見る向きが強まった。

 当初は山岡とカードを分ける形で、開幕2カード目初戦に当たる23日のロッテ戦を見込まれていた。西村監督はまだ手の内は見せず、「いろいろな考えがありますから。山岡(の開幕)のところ以外は言ってないので、どうなるか分からないけれど…」と明言を避けた。

 4回までは広島を無安打に抑え、背負った走者は失策による一人だけ。内容もほぼ完璧だった。5回1死で会沢に許した内野安打から3失点。「クイックになった時にボールの強さだったり、精度が落ちていたり」。課題を自覚した一方、侍ジャパンのチームメートでもある鈴木誠に対しては2回に見逃しの3球三振、4回はカットボールでバットをへし折る遊ゴロに仕留め、見せ場は十分だった。

 事前に「80球くらいが目安」と設定していた通り81球に達した6回1死一塁で降板。「最後にちょっとボールが弱くなった。次はしっかり投げられるようにチェックしていきたい。細かい技術の面を調整して、いい形で開幕に入っていきたい」と本番をにらんだ。一気に流れをつかむための二枚看板投入で開幕カードの重要性がさらに高まりそうだ。(田中 貴久)

 ○…昨季山本と山岡の同一カードで先発は3度あり、チームは5月2、3日のロッテ戦を2勝(山本勝敗なし、山岡○)、9月6、8日の日本ハム戦を2敗(山岡●、山本●)、9月14、15日の楽天戦を2勝(山岡○、山本○)だった。

 ▼オリックス・ロドリゲス(ジョーンズ休養で4番に座り、初回に左中間へ2ラン。森下の初球を捉え)初球から積極的にいこうと思っていた。開幕に向けて準備している中でいい結果が出ているのはうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース