中畑清氏 丸から2年目の余裕感じる 課題の1番打者には吉川尚固定で

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   巨人8-2ヤクルト ( 2020年6月7日    東京D )

中畑清氏
Photo By スポニチ

 【中畑清 CHECK!】丸は丸、◎だね。先制点に絡む右前打にバックスクリーンへの一発。原監督のアドバイスをすぐ結果に結びつけたんだって。移籍1年目の去年は気を使う部分もあったと思うけど、2年目で心の余裕というのかな。チームメート、監督と強い信頼関係で結ばれてるのを感じるね。

 今季ももちろん不動の3番。原監督には丸のように絶対動かせないレギュラーをもう一人、1番打者をつくってほしい。この日はヤクルト先発が左の高橋ということで増田大を1番に入れたけど、相手投手の右左に関係なく吉川尚に固めてほしいんだ。入団4年目。去年までケガに苦しんできたけど、打って走って守れる。一年間使い切れば、巨人の顔になり得る選手だ。

 私の中の開幕オーダーは(4)吉川尚(6)坂本(8)丸(5)岡本(7)亀井(3)中島(9)パーラ(2)大城(1)菅野で決まり。切れ目がなく、セ・リーグNo・1の破壊力だと思う。その最強打線が「1番は日替わり」っていうんじゃ寂しいよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース