楽天・石橋 3回1失点で開幕ローテ「有力候補」に浮上 毎回の3奪三振に「真っすぐが良かった」

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   楽天6-1ロッテ ( 2020年6月7日    ZOZOマリン )

<練習試合 ロ・楽>楽天先発・石橋(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 楽天先発の石橋が、開幕ローテーション入りを大きく引き寄せた。3回を投げて3安打1失点。初回に内野手が飛球をお見合いして適時打になる不運な失点もあったが、毎回の3三振を奪い「真っすぐが良かった。結構、狙ったところにいった」と納得の表情だ。

 昨季8勝を挙げてブレークした右腕に、三木監督も「強い球を投げていて良かった。あれぐらい投げられれば、有力な候補になる」と目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース