JR東日本のドラフト候補 伊藤&西田がスカウトの前で熱投 社会人野球オープン戦解禁

[ 2020年6月8日 05:30 ]

オープン戦に先発し、5回8安打2失点の粘りの投球を見せたJR東日本・伊藤将司投手
Photo By スポニチ

 JR東日本は7日、柏市のグラウンドで日本製鉄かずさマジックとオープン戦を行った。社会人野球は自粛されていたオープン戦が6日に解禁。

 JR東日本で今秋のドラフト候補の左腕・伊藤将司投手(24)と右腕・西田光汰投手(21)が、5球団6人のスカウトの前で登板した。

 伊藤は5回を8安打2失点で「左打者の内角へのカットボールなど、いろいろな配球を試せた」。3回を6安打3失点だった西田は「(昨年手術した)肘の状態は万全。直球の制球が課題」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース