巨人・炭谷 適時二塁打に「気持ちで打った」 正捕手争い激化を原監督歓迎

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   巨人8-2ヤクルト ( 2020年6月7日    東京D )

<練習試合 巨・ヤ>2回無死二塁、炭谷はタイムリー二塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の炭谷が1―0の2回無死二塁、右翼線に適時二塁打。「気持ちで打ちました」と振り返り、6回も左中間二塁打でアピールした。

 前日は小林が本塁打を含む2安打し、新型コロナウイルスのPCR検査で2度、陰性判定が出た大城も近く再合流の見込み。正捕手争いが激化し、原監督は「捕手はしかし、1人しか出せないから。ライバルとしての炎もあるんでしょう。いい形で刺激しあってくれている」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース