日本ハム・野村 開幕1軍へ猛アピールの1安打1盗塁 栗山監督「魂は凄く感じる」

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   日本ハム0―4DeNA ( 2020年6月7日    横浜 )

<D・日>4回1死、中前打を放つ野村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 2年目の日本ハム・野村が、再び猛アピールだ。本塁打を放った4日のロッテ戦に続き、2軍の若手主体で臨んだ一戦で4回に中前打を放つなど1安打1盗塁。「今できることをしっかりやろうと思った」と目を輝かせる19歳に、栗山監督も「ワクワクするね。何が何でも結果を残して、何とかはい上がってやろうという魂は凄く感じる」と絶賛した。

 今後は再び2軍調整となる見込みだが、野村は開幕1軍入りへ「やっぱり目標にしたい。チャンスにしっかり応えていければどんどん近づいてくると思う」と力を込めた。

 ▼日本ハム・万波(横浜高時代にプレーした横浜スタジアムで5回に左中間二塁打)ここでやるのは3年夏以来。やりやすいし、凄く楽しかった。

 ▼日本ハム・マルティネス(先発で3回2安打1失点)取り組んできたのは下半身の力をしっかり球に伝えること。取り組んできたことが身になっている手応えがあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース