巨人・田口 強気の内角攻めで5回2失点「左のインコースに投げ切れた」

[ 2020年6月8日 05:30 ]

練習試合   巨人8-2ヤクルト ( 2020年6月7日    東京D )

<練習試合 巨・ヤ>初回を3人で抑え、笑顔でベンチに戻る田口(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 先発の巨人・田口が内角を強気に突く投球で5回2失点と好投。3月22日DeNA戦以来の対外試合登板で「いろんなコース、高さに投げ分けることができないと抑えることは難しい。特に左のインコースに投げ切れた」と手応えを口にした。

 79球で降板後は「元々100球ぐらい投げられたらということだった」とブルペンで投げ込み。菅野、サンチェスに次ぐ3番目の先発として、開幕を迎えることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース