西武 応援歌「吠えろライオンズ」リニューアル 広瀬香美が歌唱

[ 2020年6月8日 14:00 ]

「吠えろライオンズ」を歌うことになった広瀨香美(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武は8日、「ライオンズ」70年の節目の年を記念し、応援歌「吠えろライオンズ」(作詞・作曲・石川優子、歌・成田洋明)をリニューアルすると発表した。

 70周年盤を熱唱するのは、「ロマンスの神様」や「ゲレンデがとけるほど恋したい」などのヒットソングを生み出した女性歌手の広瀬香美。

 あす9日から、ライオンズストア オンラインでの販売を皮切りに、大型グッズショップ「ライオンズ チームストア フラッグス」のほか、全国のCDショップなどで販売する。(視聴URL:https://youtu.be/UvCTancaiCs)

 広瀨は福岡県育ちで、幼少の頃は、西鉄ライオンズ時代の本拠地である平和台球場で、ライオンズの試合を頻繁に観戦していた。また、上京後はメットライフドームに近い国立音楽大学に通うなど、ライオンズと縁も深いことから、70年記念盤を歌うことに決定した。

 テンポの良いメロディーに、広瀬の明るくパワフルな歌声をのせた新応援歌は、19日の開幕から7回裏攻撃前などで流す予定。

 ▼広瀬香美コメント 埼玉西武ライオンズファンの皆さん、こんにちは!この度、ライオンズの応援歌である“吠えろライオンズ”を歌わせていただくことになりました。すごく素敵に仕上がっていると思いますので、一緒に歌って盛り上がりましょう!今新型コロナウイルスの影響で皆さんと共に球場で歌うことはできないんですけれども、もうすぐですよねきっと!メットライフドームに歌いに行かせていただきたいですし、みんなと応援できることを夢見ています!WE ARE ONE!

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月8日のニュース