日本ハム・輝星 球速150キロに意欲「確率を増やすことが大事」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

キャンプを打ち上げ栗山監督と握手する(左から)河野、吉田輝、鈴木健(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハム・吉田輝が球速150キロに意欲を示した。前日のDeNA戦後に厚沢ベンチ兼投手コーチから「150キロを出せ」と言われたことを明かした右腕は「昨日(24日)、乙坂さんが空振りした(147キロの)球とかああいう球の確率を増やすことが大事」と語った。

 今キャンプは実戦3試合で最速は148キロ。プロ最速は149キロだけに、レベルアップを図る。この日、沖縄・名護キャンプを打ち上げた栗山監督は「若い子を含めて(選手が)レベルを上げてくれた。前に進んだ」と総括した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース