ヤクルト・村上 バックスクリーン弾締め「もっと上がる」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

フリー打撃を行うヤクルト・村上
Photo By スポニチ

 下半身のコンディション不良のため宮崎・西都の2軍キャンプで調整中のヤクルト・村上がバックスクリーン弾でキャンプを締めくくった。フリー打撃のラストスイングで豪快に放り込み「凄く順調にきている。もっと(状態は)上がると思う」と話した。

 37スイングで5本の柵越え。キャンプ1軍スタートも患部の張りを訴え、10日に帰京した。精密検査を受け15日から2軍に合流。「悔しいキャンプ。沖縄(1軍)で終わりたかった」と吐露した。高津監督は「早い段階で1軍に上がってくれれば」と話した。この日はキャンプを打ち上げ帰京。埼玉・戸田でリハビリを続け、3月上旬の実戦復帰を目指す。「チームに早く合流して貢献できるように。3割30本100打点が目標」。昨季の新人王が開幕を見据え、ギアを上げる。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース