増田大が売名で!?デラロサは意外にも…巨人キャンプ“こぼれ話”

[ 2020年2月26日 12:15 ]

巨人のデラロサ
Photo By スポニチ

 巨人のキャンプも25日に打ち上げ。育成2年目のモタが原監督にMVPに選ばれるなど若手のアピールが目立った1カ月。記事にはしなかったですが、記者がクスッと笑ったこぼれ話を3つ、ご紹介したいと思います。

 1、増田大が売名で休日返上!?

 レギュラー獲りを目指す増田大は宮崎から沖縄への移動日だった14日以外の休養日は、全て休日返上。「疲れたとか言ってられない」と汗を流す姿が毎回記事になった。キャンプ終盤のある日、元木ヘッドコーチが報道陣がいる前で増田大に向かって「2000円ずつ払って記事書いてもらったんやろ?」と“売名行為”だと指摘。爆笑する報道陣に囲まれながら増田大は「違いますよ!」と完全否定。元木ヘッドの愛あるいじりでした。

 2、守護神デラロサは木登りが得意?

 沖縄キャンプのある日。練習を見ていた報道陣に向かってデラロサが突然、「この柱を登ったら記事になりますか?」と10メートルはある柱を見上げながら質問。「1面です!」と答えると、「じゃ、お金下さい!」とちゃっかり。最後は「やめておきます。けがしたくないから」。本業での活躍、期待しております!
 3、亀井の急所に直撃

 キャンプ中のある日、一塁でノックを受けていた亀井の股間にボールが直撃。目撃した坂本が「ノーカップ? ノーカップ?」と笑いながら、股間を守ってくれるカップをつけていたか確認した。ゆるめの打球だったので、亀井も笑顔で返して問題なし。大事に至らなくてよかったです!(記者コラム・青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース