カブス・ダルビッシュ 実戦形式の打撃練習に登板、打者8人に対し完璧投球

[ 2020年2月26日 05:30 ]

打撃練習に登板したカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 カブスのダルビッシュは主力打者を相手にした実戦形式の打撃練習に登板。最速97マイル(約156キロ)の直球を軸に打者8人を完全に抑え、昨季21本塁打のヘイワードらから4三振を奪った。

 「コントロールも良かったし、真っすぐも強い球がいっていた」。計測器を見ながらの投球では球速より回転を気にしていたそうで「全体的に去年得た感覚が今年もあるか、確認したかった」と説明。地元紙で開幕投手候補に挙げられていることには「うれしいことですし、光栄なこと」と語った。(メサ・笹田 幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース