阪神春季キャンプ打ち上げ 主将・糸原「リーグ優勝、日本一を獲ります」

[ 2020年2月26日 12:42 ]

<阪神春季キャンプ>糸原主将(手前)の音頭で一本締めで行い、春季キャンプを締めくくった(左から)近本、大山、梅野、高山、矢野監督(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 阪神は26日、沖縄・宜野座で行われていた春季キャンプを打ち上げた。手締めのあいさつでは主将の糸原が「昨年は3位という結果でしたが、今年はリーグ優勝、日本一を必ず獲ります。そして矢野監督を8回胴上げします。今年も声援よろしくお願いします」と日本一を誓った。

 また、矢野監督が選ぶキャンプのMVPには野手ではマルテ、高山。投手はガンケル、高橋の計4人が選出された。指揮官は「遥人は変化球の精度を上げるという部分では山本昌さんに来てもらって、しっかりやりながら、試合でもそういう(いい)投球ができていた。ガンケルも想像していたよりもよかった」と投手2人の収穫を口し、高山についても「福留、糸井、サンズも試合に出てきて、面白い競争になりそうなキャンプを高山が送ってきたというのはチームにとってプラス」と目を細めていた。

 チームは帰阪して、29日から再開するオープン戦に備えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース