ソフトバンク・松田宣 左肘にけん制直撃で途中交代「多分、大丈夫」工藤監督「大事を取って」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

練習試合(特別ルール)   ソフトバンク2―1ロッテ ( 2020年2月25日    アイビー )

5回無死一塁、打者・栗原の時にけん制で帰塁した一走・松田宣は負傷交代する(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・松田宣が今季初の対外試合に臨み、5回の第2打席で中前打を放った。しかし、直後に小野のけん制球が左肘付近に当たり、途中交代し「多分、大丈夫。でも明日になってみないと」と話した。

 工藤監督は「当たった場所が関節に近かったので大事を取って代えました」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース