ツインズ・マエケン ぶっつけ移籍後初登板で2回1失点「感覚的にも良かった。幸先いいスタート」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

オープン戦   ツインズ3―2レッドソックス ( 2020年2月24日    フォートマイヤーズ )

レッドソックス戦に先発したツインズの前田(AP)
Photo By AP

 ツインズの前田がレッドソックス戦に先発で移籍後初登板し2回を2安打1失点にまとめた。初回は制球が定まらず、先頭打者本塁打を被弾。それでも2回は3者凡退と立て直し「感覚的にも良かったし、しっかり修正できたことは良かった。幸先いいスタートが切れた」と満足感をにじませた。

 キャンプでは同僚の打者に投球しておらず、ぶっつけ本番。「今はバッターが立っての感覚を取り戻す時間」と捉え「そういう意味では悪くなかった」と振り返った。新天地では先発の一角を期待される。次回登板は3月1日(日本時間2日)のレイズ戦。予定は3回で、筒香と対戦する可能性もあり「お互いに楽しめると思う」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース