巨人キャンプMVPはモタ 原監督「敬意を表して」“さん”つけ 支配下&開幕1軍に前進

[ 2020年2月26日 05:30 ]

キャンプMVPに選ばれガッツポーズする巨人のモタ(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人は25日、沖縄での2次キャンプを打ち上げ、原監督がMVPに「モタさん。あえて、さんをつける。敬意を表して」と、育成2年目のドミニカンの名前を挙げた。

 モタは宮崎キャンプでは2、3軍合同のファームからスタートしたが、1軍との紅白戦で結果を出して昇格。その後も破壊力のある打撃で実戦11試合で打率・341、1本塁打、9打点をマークした。今後も1軍に同行して、支配下登録と開幕1軍を目指す。

 指揮官が「新戦力。自分の想像の域を超えているような人」と言う最大の発見だった。ヘルメットを振り落としての本塁打に、打撃練習では場外弾。体をのけぞって行うティー打撃で歓声が上がるほどで「野球人としての本能、本質、大事なものを思い出させてくれる選手」と評した。

 年俸230万円からジャパニーズドリームを目指す。日本語も勉強中で、球場でファンから「モタさんこっち向いて!」と呼ばれると、振り向いてニッコリ。MVPに選出されたことを報道陣から伝え聞くと「ホントニ、アリガトウゴザイマス。マダマダ、ガンバリマス」と日本語で喜びを表現した。

 4年ぶりに復帰した昨春は、元木現ヘッドコーチをMVPに選出した原監督だが、今年は「ビッグニュース」とまで形容し、モタを選んだ。実戦では打順は2、6番で、守備は左翼と一塁で起用された24歳は「1軍で戦っていける自信はついた」と先を見据えた。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース