広島・遠藤 シート打撃で4回零封!第6の先発入りへ猛アピール!

[ 2020年2月26日 05:30 ]

シート打撃で力投する遠藤(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・遠藤淳志投手(20)が沖縄2次キャンプ最終クール4日目の25日、シート打撃で4回を2安打無失点に抑えて開幕ローテーション入りへ前進した。今春最速を計測した145キロの直球を中心に鈴木誠、西川らの主力を無安打。アドゥワら先発候補が低調な中、「第6の先発争い」に一歩リードし、26日に春季キャンプを打ち上げる。

 一度失った評価を取り戻そうと、強力な主力をアピール材料に変えた。沖縄2次キャンプ最後の実戦形式となったシート打撃。遠藤は、1イニング目から鈴木誠を二ゴロ、西川を三ゴロと直球で押した。2イニング目にピレラを外角スライダーで空振り三振に仕留め、4イニング目には鈴木誠、西川を再び直球で抑え込んだ。菊池涼も2打数無安打。今春最速を計測した145キロの直球を軸に安部、曽根に許した散発の2安打のみに封じた。

 「真っすぐで押せたのは良かった。高めに球威があったと思うし、やっと(球速が)出てくれた。(本来の)自分の感覚に近づいていると思います」

 評価をV字回復させた。1月に合同自主トレを実施したソフトバンク・千賀を参考に急造フォームを取り入れた日南1次キャンプでは低調。佐々岡監督から「名前を出すことは千賀君に失礼」と酷評された。「日南ではどうなるかと思いました…」。沖縄入り直前に昨季のワインドアップに戻すことを決断して復調し、3回無失点だった19日の日本ハム戦に続く好投につながった。

 「いろいろ試すことが悪いわけではない。フォームを戻して、やっぱり自分に一番合うものが分かったのではないか。球の力が出てきている」

 胸をなで下ろした指揮官からは開幕ローテーションについて「決定しているのは(大瀬良)大地とジョンソンだけ」と示された。順当なら九里、床田、森下も有力で、事実上残り1枠をアドゥワ、薮田と争う構図となっている。アドゥワは24日の巨人戦で3回3失点と後退し、薮田も復調気配を見せ始めたばかりだ。「先発ローテーションに入るために球数を投げられる体づくりをしていきたいです」。出遅れにもくじけず、キャンプ最終盤で「第6の先発争い」をリードした。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月26日のニュース