侍J・近藤が6番で初適時打「チャンスだったので積極的に」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本3ー1メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

初回2死一、二塁、中前適時打を放つ近藤(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの近藤が今大会初の適時打を放った。初回に1点を先制し、なお2死一、二塁で初球を中前へ転がし「流れも良かったし、チャンスだったので積極的にいこうと思った」と話した。

 1次ラウンドから5試合連続で3番として起用されたが、計3安打にとどまり、6番に下がった。それでも「できることをやろうと準備していた」と与えられた役割を全う。全試合で先発に起用してくれている稲葉監督の信頼に応えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース