DeNA 大和、現状維持の1億円でサイン「来年は優勝しかない」

[ 2019年11月14日 13:40 ]

契約を更改し、会見するDeNA・大和
Photo By スポニチ

 DeNAの大和内野手が14日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1億円でサインした。来季が3年契約の3年目となる。

 プロ14年目の今季は自身最多の137試合に出場した。「内野手としての137試合は喜びもあるし、ただ全試合出たいという気持ちには足りなかった」と振り返った。37打点をマークした一方で、11失策し「守備のミスがあった。守備が売りとしているところでマイナスを与えてしまったのは反省点。いいところでの安打、打点が多かったのは自分の中で評価したい」と収穫と課題を口にした。

 CSファーストSでは古巣の阪神に敗れてシーズンが幕を下ろした。「いろいろな思いはありました。今年は2位という結果で、来年は優勝しかない。優勝目指して頑張りたい」と力強かった。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース