韓国 16日の日本戦はエース左腕・梁ヒョンジョン先発へ

[ 2019年11月14日 19:40 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド   日本―韓国 ( 2019年11月16日    東京ドーム )

<プレミア12 韓国練習>16日の日本戦先発が予想される梁ヒョンジョン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 16日の日本戦で、韓国はエース左腕・梁ヒョンジョンの先発が有力だ。

 今大会は6日のオーストラリア戦に先発し、6回1安打無失点で10奪三振。11日の米国戦は5回2/3を10安打1失点で、すでに2勝をマークしている。

 今シーズンの成績も防御率2・29は最優秀防御率のタイトルを獲得。16勝はリーグ5位だった。

 韓国は12日の台湾戦で0―7と大敗。15日のメキシコ戦に続き、16日の日本戦と決勝進出へ負けられない試合が続く。

 金卿文監督は「負けたことは忘れて2試合に勝ちたい。準備して戦いたい」と切り替えを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース