侍勝利の方程式「KYY」完結 今永から甲斐野&由伸&康晃で圧巻1安打15Kリレー

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本3ー1メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

最後を締めて会沢(左)と握手を交わす山崎(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 理想的な展開を完璧に締めた。世界一への道筋を示すリレーが完成した瞬間だ。6回1失点で降板した今永の後を受けた救援陣がスコアボードに次々と「0」を並べる。最後は「ヤスアキ・ジャンプ」で迎えられた守護神・山崎が仁王立ち。最後の打者エバンスを宝刀ツーシームで空振り三振に仕留めた。

 「今永、甲斐野、(山本)由伸がチームに良い影響を与えてくれて、僕もそれにあやかってマウンドに立った」。2三振を奪って3者凡退。終盤の3イニングを無安打、計7奪三振の勝利の方程式「KYY」を完結させた。

 7回を任された甲斐野も新人とは思えない強烈な存在感を放った。2死から四球を与えて今大会初めて走者を許したが、最後はソリスを154キロ直球で空振り三振に仕留めた。2三振を奪い、4試合連続無安打無失点。「良い投手たちと一緒に投げることは、自分としてはプラスになることばかり。感化されて気持ちも高まる」と相乗効果を感じ取った。

 8回の山本は本領発揮の快投だ。「みんなが良い投球をしていたので、流れに乗って投げられました」。3三振を奪った決め球の高速フォークは驚異的。8番ペレスの2球目に投じた1球は149キロで、常時145キロ前後を計測。直球とほぼ同球速から落ちる魔球で幻惑し、メキシコの反撃意欲をそぎ落とした。

 「世界一、20年の東京五輪に向けて日本の強さを示す良い機会。次は大事な試合になると思う。集中して臨みたい」と山崎。次戦は16日に行われる宿敵・韓国との大一番。侍ジャパンには、盤石の救援陣が控えている。(湯澤 涼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース