来春センバツ 休養日2日間 1日のみから準決勝翌日も追加

[ 2019年11月14日 05:30 ]

 日本高野連は13日、大阪市内で来春の第92回選抜高等学校野球大会の臨時運営委員会を開き、選手の障害予防対策の一環として、休養日を現行の1日から2日に増やすことを決めた。

 従来は準々決勝翌日に設けられた1日のみだったが、加えて準決勝翌日に休養日を設定。雨天などによる順延が2日となった場合は準決勝翌日の休養日が、3日となった場合は休養日自体がなくなる。大会は来年3月19日に開幕する。順調に日程を消化すれば、決勝戦は3月31日。出場校の選考委員会は1月24日、組み合わせ抽選会は3月13日にそれぞれ行われる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース