侍J「右ならえ作戦」で速攻!右打者7人で相手先発左腕ラミレス攻略

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本3ー1メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

坂本勇(右)とハイタッチする稲葉監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンは右打者7人が並んだ打線が「右ならえ作戦」で速攻を決めた。シュート系の多い先発左腕・ラミレスに対し、初回の先制点は各打者が中堅から逆方向を強く意識。4安打中、坂本勇の左前打以外は鈴木と近藤が中前打、外崎が右前に運んだ。初めて5番に起用された外崎は「指示もあった。結構、強引に(右打ちに)いきました」と説明。右飛に終わったものの逆方向の意識を見せた1番・山田哲も「シュート系が多いということで強引にいかないように」と話した。

 前夜の米国戦では浅村が2安打を逆方向に運び3安打3打点。稲葉監督も「意識してみんなやってくれた。意識がつながったと思う。選手の意識が変わってくれたと思う」と、スーパーラウンド初の先制劇に手応えを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース