豪州 待望スーパーR初勝利 ディンゴ監督歓喜「初回に点を取れたことが大きかった」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド   豪州2-1米国 ( 2019年11月13日    東京D )

最後を締めたオーストラリア・ケネディを抱きしめるニルソン監督(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                       
Photo By スポニチ

 オーストラリアは米国撃破で待望のスーパーラウンド初勝利を挙げた。初回に2点の援護を受けたアサートンが5回1/3を1安打無失点。救援陣も最後までリードを守った。

 00年に中日で「ディンゴ」の登録名でプレーしたデービッド・ニルソン監督は「初回に点を取れたことが大きかったと思う。投手陣も才能あふれる米国打線を相手に良い仕事をしてくれた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース