侍J 不動の4番・誠也が2戦連続マルチ 6戦連続安打「とにかく勝てればいい」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本3ー1メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

初回2死二塁、適時打を放つ鈴木(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 侍ジャパン不動の4番・鈴木が初回2死二塁から先制の中前適時打など2安打で2戦連続マルチ安打。「チャンスは少ないと思っていたので、ああいうところで打てる打てないで展開が変わってくる」と振り返った。

 これで全6試合で安打を放ち、打率.476(21打数10安打)、3本塁打、11打点。打点と本塁打は大会トップをキープした。「特に好調とは感じていないし、自分の成績は気にしない。とにかく勝てればいい」と優勝を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース