侍J・今永 ソロ被弾だけ毎回8Kでメキシコ封じ!6回1安打1失点「気合入れて投げました」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   日本3ー1メキシコ ( 2019年11月13日    東京D )

力投する今永(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 付け入る隙を与えない。これが侍ジャパンが誇る左のエースだ。今永はメキシコの強力打線をほぼ完璧に抑え込んだ。

 「(骨折で離脱した)秋山さんも試合に来られていた。負けたら見せるところがないので気合を入れて投げました」

 前日に米国に今大会初黒星を喫し、この日迎えた相手は無敗のメキシコ。絶対負けられない試合で圧巻の投球を見せた。相手打線の映像を研究し「低めばっかりがセオリーじゃない」と分析。さらに「ブルペンでは真っすぐとチェンジアップの調子はよくなかった」と捕手の会沢と話し合って序盤はカーブを多投。そこに最速149キロの直球とチェンジアップを織り交ぜた。高低、緩急を生かし、毎回の8三振は全て空振りで奪い、うち7つは変化球で奪った。6回は3者連続三振で勢いを相手に渡すことなく救援につないだ。

 4回にジョーンズにソロを浴び国際試合の無失点記録は19イニングでストップしたが、安打はこの1本のみ。6試合、計22回1失点で、防御率0・41と安定感抜群だ。国際試合ではベンチ前のキャッチボールが禁止のため、イニング間は平地から数球投げてからマウンドの投球練習を行う工夫をする。「国際大会ならではの僕の調整法」とたくましく話した。

 1次ラウンドが行われた台湾では食事が口に合わず、炭水化物をあまり取れなかった。それでも帰国後の10日に寿司店で「大量摂取しました」と笑う。昨年11月に参加したオーストラリアでのウインターリーグでチームメートだった同国代表の投手ケント、DeNAで同僚の山崎を誘って、舌鼓を打ち、英気を養った。

 3人の救援陣も無失点でつなぎ、1安打リレーで計15奪三振。その先陣を切った今永を稲葉監督も「強力なメキシコ打線を1安打に抑えた。素晴らしい投球だった」と称えた。世界一まで残り2戦。左腕は「いつでもいけるように準備したい」とフル回転を約束した。(青森 正宣)

 ○…日本はメキシコに被安打1、奪三振15で勝利。プロが参加した00年以降の五輪、WBC、アジアCS、プレミア12で9回以上で被安打2は08年北京五輪1次ラウンドのカナダ戦であったが、1安打は初めてだ。なお、日米野球では14年MLB第3戦で4投手によるノーヒットノーランを達成している。また、1試合15奪三振は17年アジアCSの台湾戦で奪って以来。その試合でも今永が12奪三振と力投を見せている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース