巨人・戸郷 ソフトB戦との練習試合で打者6人に完全投球

[ 2019年11月14日 15:18 ]

練習試合 巨人―ソフトバンク ( 2019年11月14日    サンマリンスタジアム宮崎 )

<巨・ソ 練習試合>力投する巨人の先発・戸郷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は14日、今秋の宮崎キャンプで唯一となる練習試合をソフトバンクと行った。宮崎県都城市生まれで聖心ウルスラ学園出身の戸郷翔征投手(19)が先発し、打者6人に完全投球を披露。「結果は良かったですけど課題は見つかった。キャンプ後半で投げ込んでいかないといけない」と、口にした。

初回
(1)高田 遊ゴロ
(2)田城 二ゴロ
(3)真砂 空振り三振

2回
(4)砂川 二ゴロ
(5)栗原 二飛
(6)黒瀬 右飛

 右腕はリーグ優勝を決めた9月21日のDeNA戦でプロ初登板初先発。同27日に5番手で登板して初勝利をつかみ、阪神とのCSでは先発、ソフトバンクとの日本シリーズでは中継ぎ登板を果たした。2年目を迎える来季、背番号が「68」から「13」に変更される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月14日のニュース