メキシコ 日本にソロだけ完敗…初黒星で窮地も前向き「今までと同じく攻撃的に」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦   メキシコ1-3日本 ( 2019年11月13日    東京D )

4回無死、左越えソロを放ったジョーンズ(右)はペリオとハイタッチ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 メキシコは今大会6試合目での初黒星が痛い敗戦となった。フアン・カストロ監督は「この試合の重要性は十分、分かっていた。日本はとてもいい試合をした。投手陣も素晴らしかった」と脱帽。唯一の安打となるソロ本塁打を放ったジョーンズは「速球を狙っていた。うまく打ち返せた。メキシカン・リーグでは見たことないような球を見ることもできた」と振り返った。

 15日の韓国戦に敗れた場合は、3勝2敗ながら当該チームとの対戦成績により決勝進出が断たれるピンチに。それでも、指揮官は「今までと同じく攻撃的にやっていく」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月14日のニュース