オリックス ディクソン 来季残留決定的に

[ 2019年11月5日 05:30 ]

オリックス・ディクソン
Photo By スポニチ

 オリックスのブランドン・ディクソン投手(35)の来季残留が決定的になった。今季で2年契約を終えて交渉を進めてきた中、関係者によると既に単年契約で基本合意に達したことが判明した。

 球団の外国人投手では自らの最長記録を更新する8年目へ突入する。今季途中からは不振の増井に代わって抑えを務めて2勝1敗18セーブで適応力を発揮し、今後詰める詳細な契約では新たにクローザー用の出来高なども付ける見込み。現在は米国代表としてプレミア12に出場している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース