オリックス 頓宮 パンチ力で猛アピール 西村監督、若月と「2人で競争してくれれば」

[ 2019年11月5日 05:30 ]

オリックスの高知秋季キャンプで、頓宮が電光掲示板を破壊する打球を放つ
Photo By スポニチ

 オリックス・頓宮が自慢のパンチ力で猛アピールした。高知秋季キャンプ3日目の特打で推定130メートル超の打球を放ち、電光掲示板を破壊。過去に破壊した吉田正やT―岡田と肩を並べる勲章を手にした。

 「見た目には分からないと思いますが、今日は右肩を下げて、極端に上向くぐらいで打った」と体が突っ込む癖を修正。スムーズなスイングから理想とも言える「体が開かないように。センター中心で打っていこう」という打球が出た。それも特大だ。

 入団時に捕手から三塁手へ転向し、自らの希望で6月に捕手に再転向。来季は正捕手の若月に勝負を挑む。西村監督は「2人で意識し合って競争してくれれば」と大歓迎。入寮時に話題となったパンチパーマは封印しても頓宮のパンチ力は大きな武器だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース