侍J 広島コンビで逆転!菊池が同点打&誠也逆転打でベネズエラ2番手攻略

[ 2019年11月5日 21:01 ]

「第2回 WBSCプレミア12」オープニングラウンドB組第1戦   日本ーベネズエラ ( 2019年11月5日    台湾 )

5回1死一、三塁、同点適時打を放ち、手を叩く菊池涼(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「第2回 WBSCプレミア12」オープニングラウンドB組第1戦でベネズエラと対戦。0-1の5回に菊池、鈴木の広島コンビの適時打で逆転に成功した。

 侍打線はレッドソックスなどで活躍しメジャー通算31勝を誇る相手先発左腕・ドゥブロンを前に3回まで無安打に沈黙。0-1の4回に6番・浅村に待望の初安打が飛び出したが得点に結びつかなかった。

 だが5回、2番手・ソティレットを攻略した。1死から9番・小林が四球で出塁。続く坂本がゴロを放つも相手遊撃手の失策で1死一、三塁とすると、2番・菊池が右方向へ強烈な適時打を放ち同点に追いついた。

 続く3番・近藤に申告敬遠が告げられ1死満塁に。このチャンスで侍の不動の4番・鈴木が初球を振りぬき中前へ。三走・坂本が生還し逆転に成功した。二走の菊池もホームを狙ったが惜しくもアウト。5番・吉田正も凡打に倒れたが、貴重な2点をもぎとった。

 ▼菊池 (5回同点打は)何とか右に打てば、1点入ると思ったので、打てて良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース