メキシコ 1次ラウンド1位突破 阪神・ナバーロ 2点打「一試合、一試合」

[ 2019年11月5日 05:30 ]

第1回プレミア12 1次ラウンドA組   メキシコ8-2米国 ( 2019年11月3日    グアダラハラ )

米国を破り2次ラウンド進出を決め、喜ぶメキシコの選手たち(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 地元開催メキシコが3日(日本時間4日)、熱戦を制して2戦2勝とし、1位での1次ラウンド突破を決めた。

 1点リードの8回1死満塁でナバーロ(阪神)が右前へ2点適時打。続くソリスの3ランで試合を決めた。スーパーラウンドは同組から勝ち上がったチームと対戦せず、1次ラウンドの勝敗が持ち越し。突破の可能性を残す米国、ドミニカ共和国に対し、ともに勝利しており、1勝0敗からスタートできる。東京五輪出場権確保へ、ナバーロは「全ての試合がプレーオフのよう。目標は分かっているが一試合、一試合と思っている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月5日のニュース