阪本、決勝戦で1失点完投勝利 4戦30イニング2失点でMVP獲得!

[ 2019年11月5日 05:30 ]

スポニチ後援 社会人野球 日本選手権 決勝戦   大阪ガス(大阪)4-1日本生命(大阪) ( 2019年11月4日    京セラドーム )

7安打1失点完投勝利で最高殊勲選手に選ばれた大阪ガスの阪本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 2年目右腕の阪本が7安打1失点の完投勝利。3度の先発を含む4試合に登板し、計30イニングで2失点で最高殊勲選手に選ばれた。「今季はこの大会まで公式戦で1勝しかできていなかった。皆に守ってもらって勝ちにつながった。感謝しかない」と喜びをかみしめた。

 要所でチェンジアップを有効に使い、3―1の5回2死満塁も二ゴロで切り抜けた。今季は母校の大阪・履正社が夏の甲子園で優勝、関大も関西学生秋季リーグを4季ぶりに制した。自身も大阪ガスの優勝と個人タイトル獲得で締めくくり「最高の終わり方ですね」と頬を緩めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース