高津監督後輩 ヤクルト 大下 フォーク磨いてブレーク狙う

[ 2019年11月5日 05:30 ]

ヤクルト・大下
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高津新監督の小、中学校、亜大の後輩で2年目の大下がフォークを磨いてブレークを狙う。

 松山での秋季キャンプで3日連続でブルペン入り。合計162球を投げ「とにかくフォームを固めたい」と話す。10月中は落ちる球だけで約100球投げる日も。「無意識に(納得のいく球が)投げられるように」と決め球を磨く。先輩である指揮官も「試合をジョイントする投手が大事。良い成果を上げてほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース