ロッテ 二木ら4選手が小学校を訪問 豪雨被害復興支援イベントで

[ 2019年11月5日 12:11 ]

復興イベントの一環として、鴨川市立天津小湊小学校を訪問したロッテの4選手
Photo By スポニチ

 鴨川秋季キャンプの休養日である5日、ロッテの二木、種市、藤岡、菅野の4選手が、台風15、19号と豪雨被害の復興支援イベントとして、鴨川市立天津小湊小学校を訪問。3、4年生合計59人(3年生29人、4年生30人)と体育館でキャッチボール、ドッジボールなどのレクリエーションを楽しんだ。

 藤岡は「短い時間でしたがとても楽しい時間を過ごせました。鴨川も台風と大雨の影響で大きな被害を受けたと聞いています。それでも子供たちは元気に明るく前向きに過ごしている姿を見て、とてもうれしくなりました。自分たちに出来ることは限られていますが、皆さんに元気を届けられるように残りの秋季キャンプを頑張っていきたいですし、来年は優勝をして明るい話題を提供したいです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース