原監督 FAの人的補償「なくす必要ある 28人だと狭すぎる」

[ 2019年11月5日 05:30 ]

<巨人練習>記者に囲まれる原監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 先月下旬にセ・リーグのDH制導入を提言した巨人・原監督が、FA制度の人的補償についても「明るい話が暗い話になる。なくす必要がありますよ。そしたら他のチームも(FA戦線に)参戦すると思う」と考えを示した。

 FA移籍する選手に批判が出ることや、人的補償選手との「因縁」めいた捉えられ方にも疑問を呈し「(人的補償は)本当は撤廃してほしいけど、やるにしても(プロテクトの)枠をもっと広げないと。28人だと狭すぎる」と話した。メジャーでは原則6年でFAとなる制度を適用しており「そちらの方がいい」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月5日のニュース