茎崎ファイターズ 悲願初優勝ならず 高島主将、後輩に夢託す

[ 2019年8月25日 05:30 ]

スポニチ主催 全日本学童軟式野球 マクドナルド・トーナメント最終日   茎崎ファイターズ 1―3多賀少年野球クラブ ( 2019年8月24日    神宮 )

<茎崎ファイターズ・多賀少年野球クラブ>力投する茎崎ファイターズ先発・桜井(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 茎崎ファイターズ(茨城)は悲願の初優勝はならなかった。2点を追う7回2死満塁では1番・中村が左飛に倒れた。吉田祐司監督は「あの子が打って勝った試合もあった。あそこまでつないだことが素晴らしい」とナインをねぎらいながらも、「ちょっとの差だったので悔しい」と本音も漏らした。

 それでも過去最高の3位を超える準優勝。新たな歴史をつくった高島主将は「後輩たちにはもっといい成績を残してほしい」と夢の続きを託した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース