ヤクルト・田川、初黒星 7年目プロ初先発も4回持たず6失点

[ 2019年8月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4-7阪神 ( 2019年8月24日    神宮 )

4回、逆転を許し2番手・星(右24)にマウンドを譲る田川(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトはプロ初先発の7年目右腕・田川が3回1/3で6失点で初黒星。「カウントを進めたくてボール球をうまく使えなかった」と反省した。初回、福留に2ランを被弾。「自分のテンポで投げられた」という2、3回は抑えたが、4回1死満塁から高山に2点二塁打を許した。

 高知中央高から12年ドラフト3位で入団。椎間板ヘルニアの手術を受けた影響で一度は育成契約となり、昨年3月に支配下登録に戻った。小川監督は「経験のない中で、これから」と今後に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース