巨人・重信、足で貢献 劇勝呼ぶ二盗「うまく集中できた」

[ 2019年8月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8-6DeNA ( 2019年8月24日    東京D )

11回無死一塁、田口の時に一塁走者・重信は二塁盗塁に成功する (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人・重信が足で劇勝を呼んだ。

 9回2死から四球を選び、二進後に坂本勇の左前打で同点の生還。右前打で出塁した11回には投手・田口がバントの構えをした2球目に二盗を決めた。「盗塁はうまく集中できた。自分は常に出塁が求められている。それは9回も11回も同じ気持ち」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月25日のニュース